私が子宮外妊娠だった時のまとめ

こんにちは。
久しぶりの投稿になってしまいました。
長野は段々と冬になってきました。
コート必須です(´・ω・`)寒い…。

では早速ですが、私が子宮外妊娠になった時のまとめを書きたいと思います。

生理と間違えた出血

生理3日前から茶おりが出始め、いつもと同じように生理が始まるなぁと感じていました。
お腹も少し痛くなってきたなぁと感じるぐらいでした。
それから生理1日目~2日目の量が3日間続き、いつも通りの生理だと私の中で確信しました。
3日目の夜ぐらいから出血が少なくなり4日目には茶おりに戻っていきました。
普段の生理だと4日目の夜ぐらいから茶おりになるので少し早いなぁぐらいにしか感じませんでした。
そして大体いつもだと6日目か7日目には完全に生理が終わるんですが、
この時の生理は6日目の朝に鮮血が出ました。
これは何かおかしいなと感じたものの微量だったし、少し様子をみる事にしました。
7日目には多めの茶おりになっていて、鮮血が出たから茶おりがまた続いてるのかと思い
また更に様子をみる事にしました。
8日目の朝、茶おりが多いんです。
やはり何かおかしい。いつもならもう完全に終わっているはず。。

そして病院行くのあと一週間後だけど、この調子じゃタイミング取れないよなぁと思い
病院に連絡取ろうと思ったけど、休みで連絡できず。
9日目は予定があり病院に行けず、やっと10日目で病院に行けました。
9~10日目には茶おりも少量でした。

基礎体温

本来、妊娠すると基礎体温は高温期になりますよね?
私の場合は低温期のままでした。

妊娠5週目ぐらいまでは完全に低温期で、病院で薬を処方され飲み始めてやっと高温期になりました。
基礎体温が低いからと言って、妊娠していないとは言い切れないんですね。

病院での検査

病院では尿検査・血液検査をして妊娠判定をします。
基本は尿検査のみ。
その後、妊娠反応が有りなら血液検査をするというのが私の通っている病院のやり方です。

妊娠5週目の検査結果はしっかりと陽性反応が出ました。
※自宅では妊娠検査薬は試していませんでした。

エコー

妊娠5週目で内診。
エコーでじっくり見てもらっても、何も見えず。
胎嚢らしきものは見えると言われる。
採血して一週間後に結果を見る。
内診の結果、切迫流産。稽留流産・子宮外妊娠の疑い?

妊娠6週目
内診しても何も見えず。
胎嚢らしき物は見えるとまた言われる。
左の卵巣と子宮の間ぐらいに黒い影があり、そこが怪しい。
だけど、子宮の一部と言われればそうなのかも?現状では分からないと言われました。
血液検査の結果が低いのが怪しい。もう一度採血をする。
内診の結果、稽留流産・子宮外妊娠の疑い?

妊娠7週目
胎嚢らしきものは見えるもののやはり何も見えない。
このまま見えないのは少し心配。
来週内診してみて、何も見えなかったら、子宮内清掃をしましょう。
その後の数値を見て、CTを撮るのか検討しましょうと言われました。
内診の結果、稽留流産・子宮外妊娠の疑い?子宮外妊娠の疑いが強い。
血中HCG 5267 以前よりも上がっている。

妊娠8週目
胎嚢らしきものもあるけど、やはり正常妊娠ではないので
子宮内清掃をする事になりました。
内診の結果、子宮外妊娠の疑い強まる。
血中HCG 9258 更に上がっている。
再度血液検査を予定。

入院

子宮内清掃は日帰りでも出来るけど、子宮外妊娠の疑いが強まったので入院する事に。
後日やるか、今やるかとの選択だったので、私は今日やると伝え午後に手術をしました。

不全流産子宮内清掃術

不全流産の子宮内清掃術は、子宮内に残っている胎盤等をかき出す手術です。
妊娠していると子宮が柔らかく、稀に子宮を突き破ってしまう事もあるそうで
軽く処置を行うと計画書にはかいてありました。

処置を行い、妊娠反応の数値が低下するか見極め、低下しない場合は子宮外妊娠の可能性が極めて高まりますのでいずれ手術療法などが必要となります。
説明を受け、手術になりました。

静脈麻酔を使い、30分ほどで終わりました。

CT

翌日、造影剤を使いCTを撮る事になりました。
造影剤を入れる前のCT撮影と造影剤を入れてからのCT撮影。

造影剤を入れると下半身から熱くなり、少し息苦しさを感じました。
ですが、撮影後はもうすっかり気にならずに過ごせます。

先生の意見

主治医はCTの結果がまだちゃんとしたのは出ていないが
まだ大丈夫だろうからご飯を食べても良いとの答え。
手術担当の先生はCTを見ても、早くに手術したほうがいいとの意見を貰い、緊急手術になりました。

手術の前に内診へ。
内診した所、出血が少しありとのことで急いで手術にしようとなり、バタバタと40分後に手術です。
血液検査の結果、9900を超えていました。

腹腔鏡下左卵管切除術

全身麻酔をして、腹腔鏡手術をしました。
卵管は破裂寸前で、大きく成長していました。
左卵管切除し、手術は終わりです。

病理検査の結果、左卵管にあったものは赤ちゃんで間違いないとのことでした。

術後の痛み

腹腔鏡手術により、麻酔から覚めるとまず痛いのは肩でした。
調べるとお腹に入れたガスが肩から抜けていくそうで肩、手首がものすごくダルく痛い。
ベッドにへばり付くかのように体が動かせません。
翌日の朝になると少し回復していき、水分を取れるようになり、お昼ご飯も食べられます。
おヘソの傷は激痛で座る事も寝返りを打つことも辛いですが、無理のない範囲で歩行練習をして、回復を促すしかありません。
退院後もなるべく歩くようにして、痛み止めを服用してました。
術後8日目でやっと痛み止めを服用しなくても我慢出来るかなぁといった感じぐらいまで回復して、段々と痛みは消えていきます。
術後2週間もすると手術前と同じような生活に戻れます。運動も問題ないです。

入院期間と入院費

今回の入院は5泊6日でした。
ですが、子宮外妊娠の入院期間は4泊5日となるのかな?

入院手術費 215.660円でした。
入院費は5泊6日で掛かった費用です。
手術費は明細書の手術という項目の金額だと89.160円です。
麻酔などの金額はまた別です。
麻酔は27.687円でした。

子宮外妊娠の手術は大体13~20万円と一般的に言われているので
私の病院は安かったんだなと思います。

子宮外妊娠になって気付いたことのまとめ

・妊娠初期の症状がいくつか出たこと(お腹の突っ張り、足の付根痛、おりものの変化など)
・不正出血 (10日ほど。薬を使って止まりました。)
・低温期のまま妊娠 (薬を使って高温期に変わった。)
・エコー写真では胎嚢は確認できず。(8週目まで)
・腹痛、子宮痛などの痛みは一切感じませんでした。

普通の妊娠をした事がないから比べたり出来ませんが、私の初めての子宮外妊娠はこんな感じでした。
症状などは人それぞれですが、不正出血が続くのが共通しているのではないかと思います。
私の場合は初めての妊娠で、不妊検査でも異常なし、卵管造影検査も異常なし、堕胎経験・出産経験もなしでした。
初めての妊娠で子宮外妊娠になる確率は0.02%でした。
たまたま運が悪く卵管で育ってしまったんでしょう。
左卵管切除しても、まだまだ妊娠出来る確率はあります。
そう信じています。
中には手術後妊娠に至らなかった方も居るのも知っていますが、私は期待したいです。
左の卵巣が卵を出しても右側の卵管がキャッチしてくれる事があると説明を受けました。
なので、毎月タイミングを取ってチャンスを逃さないように頑張りたいと思います。

世の中の妊活している方が、妊娠・出産出来る日が訪れますように…(*‘ω‘ *)♥