低体温なのに妊娠……????

10/1に低温期に入って、リセットしました。
ですが、なんだかいつもより少し茶おりになるのが早かったような?
4日目ぐらいから茶おりになりました。
でも低温期ですし、薬の影響かな?
様子を見て、必要なら病院に行ってみようかなと考えていました。

生理6日目~7日目となると、大体終わっているんですが
生理6日目に茶おりから鮮血が少し出るようになって、
これはおかしいと思って病院に行こうと思ったんですが、
私が通っている病院は受付が11時30分までだったので行けませんでした。
病院に行こうと思った時は12時を過ぎていました。
また様子を見てたら茶おりに戻ったので、もう生理終わるかな?と考えていました。

ですが、10日を経っても終わる気配がないのです。
13日に病院に行ってタイミング法の実践日なのに
出血がまだあるのは困ると思い、10日目にやっと病院に行きました。

止血剤だけでももらわないとと考えて受診した病院で、予想外の事が起きたのです。

先「茶おりが止まらないんですね?今低温期になっていますか?」
私「はい。ちゃんと低温期です。」基礎体温表を見せる
先「そうですね~。うん、低温期ですね。たまにダラダラと続く生理もあるんですよ。何度も鮮血が出たりね。」
私「でも、こんなに続くのは初めてなんですよね」
先「うーん。じゃぁ尿検査してみる?万が一って事もあるしね。」
私「でも、低温期になってるし、ちゃんと生理来たし妊娠してませんよ?」
先「まぁ念の為ね。検査してから内診でも大丈夫?」
私「はい、時間はありますので大丈夫です。」
先「尿検査の結果まで少し時間がかかるから30分後ぐらいにまた呼びますね。」
私「分かりました。ありがとうございました。」

~尿検査~

~診察~

先「数値がプラスになってね、妊娠してるよ!」
私「え?私薬飲んじゃいましたよ?」
先「薬は大丈夫だよ。とりあえず内診しようか~。」
私「はい…。」(どうゆう事だ~!?)
先「おりものは茶色だね。うーん。まだ胎嚢みえないねぇ~。見えるかなと思ったんだけどね~。胎嚢らしきモノは見えるんだけどなぁ。」

診察台を降りてお話へ。

先「最終生理がこの日だから5週1日だね。」
私「本当に妊娠しているんですか?」
先「数値が出ている以上妊娠だね。」
私「生理だと思ってお酒飲んじゃいました。」
先「うん、大丈夫だよ!お酒や薬が影響あるのは6週以降だよ。」
私「そうですか。よかった。」
先「診断としては、切迫流産で稽留流産疑惑?子宮外妊娠?って感じかなぁ。一週間後また来れる?」
私「はい。来ます。」
先「また一週間後に内診しましょう。経過観察ってことで。今日はデュファストンって薬を2週間分出しておくね。多すぎたらごめんね。あとこれ、エコー写真です。どうぞ(^^)」
私「ありがとうございます。」

お会計をして、自宅に帰る車の中で本当に妊娠しているんだろうか?と何度も考え
先生が言っているんだから間違いないんだろうな…。

嬉しいのに、予想外のことで頭がついていかない。
大丈夫かな。切迫流産なんだ。流産するのかな。
こんな心配をして、家に帰りました。

旦那→旦
旦「病院どうだった?」
私「妊娠してるんだって。」
旦「え!?」
私「でもね、切迫流産だから流産する可能性もあるみたい。あとまだ胎嚢見えなかったから一週間後にまた病院に行かないといけない。」
旦「そうなんだ。じゃぁ安静にしないとね。」
私「うん。」
ここから横になりながらパソコンで検索する日々が続くのです。

つづく